日本革命党
文字サイズ

【重要な情報】

デニーの勝利と私たちの課題「講演集会」のお知らせ

1.機関誌「進路」復刊5号(通巻22号)-2018年9月25日-

<目次>

(1)「日本民主化の創憲」「ベーシックインカム人権政策」を柱とした政治ブロックの形成を!
①創憲とベーシックインカムの政治ブロックの形成を
②現代における平和・民主革命の条件と21世紀の社会主義
③国民・人民の生活は危機に瀕している
④分断支配が作り出す日本社会の分裂・没落
⑤総選挙総括と政権政策・選挙共闘方針の擦り合わせを

(2)雑誌・新聞の紹介(日本革命党関連の記事掲載)
  ①季刊「フラタニティ」第11号(2018年8月1日)
日本国憲法の歴史的限界(p48~p53)
〔日本革命党の創憲方針に基づき、日本国憲法の歴史的限界について明らかにしたものであり、末尾に同じ敗戦国であるドイツ・イタリアの憲法制定過程との比較表をつけたものである〕
  ②図書新聞 3368号(2018年9月22日土曜日)
『共産党、政党助成金を活かし飛躍を』村岡到:著
【書評】40年に及ぶ共産党への内在的批判と提案、その意味(6面)
〔共産党は日本市民共同の橋頭堡であり、だからこそ積極面を評価したうえで限界や誤りを指摘し、積極的で具体的な提案を行う必要があるとする村岡氏の書籍に関して、日本革命党の21世紀の社会主義の立場から解説と評価を試みたものである〕

(3)【アピール】玉城デニー氏の勝利で沖縄の未来を切り開こう!
(沖縄を自分の問題として考える会)

(4)73年目の夏 8・9 被爆地ナガサキからのレポート

(5)労働者共産主義委員会(怒涛派)から日本革命党の21世紀の社会主義へ

(6)7・29 原水爆禁止2018年世界大会・科学者集会

(7)7・29 格差社会を乗り越える財政とは、記念集会

(8)8・11 埋めるな!辺野古 沖縄県民大会に呼応する首都圏大行動、9・6 翁長さんの遺志を継ぐ集会

(9)8・18 安倍9条改憲NO!内閣退陣 市民連合の課題

(10)シンポジウム「衆議院の選挙制度」~小選挙区or比例代表~の案内

 

【お知らせ】「機関紙進路のバックナンバー」と「重要な主張」については、左のフレームメニューで確認ください。

 

2. お知らせ(集会・デモ・学習会・出版など)

2018年11月29日(木曜)
沖縄県知事選 デニー勝利と私たちの課題
構  成:(19:00~21:00)
講  演:伊波洋一(参議院議員・沖縄の風)
発  言:小泉雅英
澤藤統一郎
中瀬勝義
二見伸明(予定)
吉田万三(沖縄を自分の問題として考える会・代表)
閉会挨拶:村岡到
司  会:武市徹
場 所:文京区民センター 3C (地下鉄後楽園駅 徒歩5分)
主 催:沖縄を自分の問題として考える会
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22 新宿コムロビル7F2号室 進路社 気付
資料代:700円
主 旨:
9月30日(日曜)投開票の沖縄県知事選で玉城デニー氏(自由党幹事長)が圧勝した。
自民・公明・維新・希望推薦の佐喜真淳(前宜野湾市長)に8万余の大差をつける39.6万票を獲得した。
自民党は菅義偉官房長官や小泉進次郎議員を投入し、公明党指導部は全力投球で本土から動員して期日前投票に集中した。
だが、自民・公明の支持層の3割近くが玉城氏に投票したようである。
最大の争点であった普天間基地の辺野古移設に関する沖縄の民意は明確に示された。
命を賭けて辺野古移設反対を貫いた翁長知事の遺志は見事に受け継がれた。投票の翌日、「ニューヨーク・タイムズ」電子版は社説で「沖縄の米軍縮小に向けて」とタイトルして「日米両政府は妥協策を探る時だ」と提言した。
きわめて異例である。
投票の10日前の自民党総裁選挙で3選された安倍晋三首相への決定的痛打である。
沖縄に米軍基地を押し付けて「平和」を享受してきた本土の私たちにはどのような課題が突きつけられているのか。
日本革命党の立場と主張:
機関紙連絡先進路社代表の武市徹が「沖縄を自分の問題として考える会」の「呼びかけ人」として参加し、「チラシの配布」「寄付金・沖縄現地激励呼びかけ」などに取り組んできた。
意図的に作り出された少数や部分として抑圧されている国民・人民が、抑圧の実態の解明、原因の分析と解決の政策、連帯を獲得したとき、圧倒的な多数派であることを再発見し、安倍自公(維)政権の分断支配を打ち破る根源的な力を発揮するとの立場から紹介し参加する。

【お知らせ】「集会・デモ・学習会・出版」の「紹介履歴」と「参加報告」については、左のフレームメニューで確認ください。

 

3. 政治経済文化記事と運動団体等名簿<検索>

●国民・人民・野党の共同のシンクタンクの創立を目指して
<制作中>